ネットショップの集客効果が最も高かったブログの評価別ランキング!

この記事は3分で読めます


今回はネットショップの集客効果が高かったブログを徹底比較、その理由も裏技も教えちゃいます。今や集客ならワードプレスみたいな定説があるのですが、無料には無料の良さがあるのです。

 

大切なのは目的に合わせたブログの使い分け。1アカウントだけで集客できる時代は終わっています。あくまで個人の感想なのですが私の自信一ヵ月の合計PVは100万を突破。

 

サイト数は100ぐらい持っているのでそれなりの信ぴょう性はあるかと思います。

 

ネットショップの集客に効果があったブログのランキング

 

1位 アメブロ

 

2位 はてなブログ

 

3位 Fc2ブログ

 

4位 ライブドアブログ

 

5位 シーサーブログ

 

6位 ソネット

 

7位 gooブログ

 

8位 エキサイトブログ

 

9位 ファンブログ

 

10位 ブロガー

 

 

 

 

これくらいです。1位~3位までは不動の順番で後は少し順位が入れ替わると思います。ではその理由についてお話しします。

 

 

まず、集客については2つを分けなければいけません。ひとつはSNSのような横のつながりで、これは自分から相手をフォローすることでアクションをかけることができます。

 

この機能が備わっているのがアメブロ。Fc2やはてなブログも読者機能があるのですが、アメブロの方がほかのSNSの良いとこどりをして、ペタ・なう・いいね・ハッシュタグ・読者登録などの機能が標準装備されています。

 

私は複数サイトでアクセス解析を比較していますが、ネットショップは検索エンジンのみのアクセスに頼るのではなく、複数の集客手段から自分の販売ページに見込み客を呼び込むべきです。

 

 

 

 

次に使いやすいのがはてなブログかFc2です。この2つはドメインが強く、同じ記事を書いても上位表示されやすいと思います。

 

実際にどのブログのドメインが強いか?集客しやすいか?はこちらにドメインを入れてば分かります。

 

【 opensiteexplorer 】

 

 

ライバルショップの強さも分かるので、一度調べてみると良いですよ?

 

ライブドア、ソネット、ブロガーなども無料で使いやすいのですが、強制広告が出てしまったり、きちんとしたタグうちをしようとすると、ちょっとカスタマイズが面倒だったりします。

 

gooやエキサイトをネットショップの集客に使っている人はほとんど見かけないので、穴場ということでのせておきました。

 

 

商品ごとに無料ブログを使い分けるのが集客のコツ

 

凄く手間がかかるのですが、商品やジャンルごとに無料ブログ使い分け、1商品で1ドメインという形にするのが一番理想的な集客方法です。

 

商品数が多い場合どうしても、1つのブログやサブドメインに沢山の商品紹介文を書きたいところですが、弱者の集客と言う点では発リンクが増えすぎて好ましくないです。

 

まずは1商品、1ジャンルという形でブログ分散をしてリンク効果を得た方が良いのではないでしょうか?

 

 

使いこなせればショップの集客にワードプレスは最強!早めに練習をしよう。

 

 

ネットショップの集客に関してはワードプレスが使いこなせるようであれば最強だと思います。SNS連携、SEOデザインカスタマイズ、クリック測定、アクセス解析、全てこれ一本で完結します。

 

ただ、単にワードプレスでブログを書けば良いというわけではなく、キーワードに基づいた中長期の戦略が必要になってきます。顧客獲得につながるキーワードが見えている人、上位表示の法則が自分なりにつかめている人はワードプレスが良いでしょう。

 

どのブログからスタートするかで運命が決まる!真剣に考えよう

 

ネットショップは集客サイトと決済サイトを別に作ってください。後でブログの引っ越しは非常に厄介です。商用不可のブログだけは使わない方が良いですよ?

 

自分のカスタマイズ力、キーワード選定能力、SEO対策スキル。そういうものを考えて慎重にブログを選んでください。今やネットショップのライバルは、企業ECサイト、アフィリエイトサイト、オウンドメディアなど年々増えてきているのです。

 

戦略無しで単にブログを続けるだけでは売り上げにつながらないことでしょう。

 


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
100万PVの講義知りたくないですか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。