【ヤバい!】売れるアパレルセレクトショップの集客方法!

この記事は3分で読めます


今回はアパレルセレクトショップのブログ集客の相談に乗ってきました、それにしてもアパレル業界の給料の低さはヤバいですね・・。そして聞けば聞くほど夜のお店で働いている人多いですね・・・・・闇が深い。

 

Amazonがどんどん進出してきて個人のアパレルセレクトショップの集客に悩んでいるようなのでちょっとブログを拝見させてもらいました・・・。

 

その結果彼女は全く持って売れないし、集客できないブログを作っていました。

 

① 文字数が少なく写真ばかり貼ってある

② ブログのタイトルに一生検索されない店舗名が書いてある

③ とにかくタイトルが短い

 

こういうのは典型的です。いくらセンスが良くても、インスタ映えさせてもブログ集客と言う点ではよろしくないです。今回は本当に売れるセレクトショップの集客方法と実例を出しましょう。

 

 

売れるネットセレクトショップの集客方法

 

具体例を出さずに人の批判をするのは最低だと思うので、まずは私のコンサルしている人のサイト例を見せますね?

 

 

それがコチラ!低身長のためのオススメファッションブログです

 

今全くアクセスが集まっている人はコチラのサイトと比べてください。

 

① 体のコンプレックスのキーワードがまとまっているか?

② 1記事当たりの文字数が1000文字ぐらい入っているか?

③ 写真がきちんと入っていて、なおかつ解説が的確かどうか?

 

まあ、彼女は美容サイトを作ってもらっているので、こちらのブログは趣味程度のようですが、それでも1日数枚は物販商品が売れている様子。

 

これ実店舗の人だったらもっとすごいことになりますよ?

 

多くの売れないセレクトショップは、有名でもないくせに、検索もされない店舗名などをタイトルに付けており、実際にスマホにどのような経緯でアクセスが来るか調べられていないです。

 

少しでもリサーチすれば、「小柄なファッション」で「ワンピース」だけの特集記事を作るべきなのに、そういう発想が全然ないんです。

 

他にも身長ごとにファッションを調べているのに、自分のブログのタイトルが超適当です(笑)

 

アパレルショップの集客はジャンル特化+悩み特化の意識が必要

 

結構重要なので、もう一度繰り返します。こういう写真をみて、同じようにブログを作っている限りネットではよほど文章力がなければ集客ができません。唯一の抜け道としてインスタグラムもありますが、写真→ネットショップor来店と言う流れを作るのは非常に高度なのです。

 

 

それよりも今回の例のように、ジャンルをきちんと絞って、お悩み別に写真と記事を1000文字以上入れていく必要があるってことです。

 

ワンピースならワンピースだけのブログを作るってことです。

 

自分セレクトショップが様々な商品を扱っているからと言って、バラバラのテーマでブログを書かないでください。

 

さらに集客で終わらずにセールスまでできれば完璧です

 

さらに踏み込んで、解説すると、ネットショップと言うのは集客だけダメで、さらに偶然見てもらった人の購入意欲を最大限まで高めないとダメです。

 

安い・おしゃれ・程度だとAmazonやメルカリに負けてしまいますよ?

 

ではどんな時に人は購入意欲を最大限に刺激されるのか?それは店員さんとの直接のやり取りの回数です。つまり会話です。

 

流行に強い方なら、ネットショップはライブコマースに変わってきているのは知っていると思います。

 

 

ファッションショー後の直売会のような感じで、動画にモデルさんを直接読んで1対複数でやり取りしながら売っていくというスタイルです。

 

これからの主戦場ですね?

 

既にメルカリ、DNA、BASEなどの大手が参入しており、そのうちヤフーや楽天、アマゾンも入ってくるでしょう。これらのプラットフォームを使うと手数料がとられます。

 

そういう場合は1対多数のコミュニケーションがとれる無料のZOOMを使ってみてください。

 

 

おそらく後1~2年以内にこのような集客からセールスまでを一貫して考えられないアパレルショップはどんどんつぶれて行くと思います。最も変化の多い業界ですので常に勉強していきましょうね?


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
100万PVの講義知りたくないですか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。